生花で独創的な“ヘッドドレス”を制作する花結い師 TAKAYA  桂由美のウエディングドレス&ダンサーとコラボ! ~ 7月7日・8月25日に京都府京都文化博物館で開催 ~

TAKAYA.Design.Office(所在地:京都府京都市、花結い師:TAKAYA)は、2017年7月7日(金)と2017年8月25日(金)に、京都府京都文化博物館にて、花結い師 TAKAYAプロデュースのパフォーマンスイベントを開催いたします。





■「花結い」を始めたきっかけ
子どもの頃、多くの人たちにとって花は身近にあり、花を髪に飾ったりした記憶があると思います。花を髪に飾ることは、古くから人々の文化として世界中で行われてきたことです。
しかし髪に花を“結う”ことに特化し、デザインを生み出す人が存在しない中なか、京都を拠点に花結い師 TAKAYAが人と花を結ぶ「花結い師」としてアーティスト活動を始めました。

■花結いとは
髪に花を“結う”ことで髪のラインを作るように花でラインを作り出す技術です。主に花を髪に着けるのは、ウエディングが一般的ですが、TAKAYAはウエディングにとどまらず、広告や企業とのコラボレーション、イベントパフォーマンスを行っております。

■イベント概要
・2017年7月7日(金) 「うらかた」 – wedding
ファッションデザイナー 桂 由美氏のショーなどの裏方での花結い作業をお見せいたします。実演にて、普段お見せしないファションショーの裏方で行われている花結いの裏技をショー形式にてご覧いただけます。

・2017年8月25日(金) 「踊ル花」 – Yurie
フランスで活躍するダンサー 津川 友利江氏を招いてダンスと花結いのコラボレーションを披露いたします。今回、彼女の一時帰国に合わせての実現となります。和太鼓、ピアノの音色に合わせて即興で踊るダンサー 津川 友利江氏のために生まれだす花結い。花の人生とダンサーの人生を表現する舞台になっております。

■開催概要
日時   : 2017年7月7日(金)・2017年8月25日(金)両日・18時半開演
会場   : 京都府京都文化博物館 別館(旧 日本銀行京都支店)
アクセス : 京都市中京区三条高倉
URL    : http://www.bunpaku.or.jp/info/access/w
参加費  : 7月「うらかた」 (前売り)4,500円/(当日) 5,000円
8月「踊ル花」  (前売り)5,500円/(当日) 6,000円
通しチケット   (前売り)9,000円
定員   : 各100名
申込方  : メール( ticket@takaya-hanayuishi.jp )にて受け付け
公式サイト: http://blog.takaya-hanayuishi.jp