美しさ(美容)と健康をテーマに貴方に合った化粧品、あなたのための衣料品・ファッションをどのように選べばいいのか?コスメティックやコスチュームについてわからないこと、知りたい事や商品紹介など

北欧デザインブランド『Scandinavian Pattern Collection』 大手各社より、2018年の春商品続々発売 ~寝装品、ステーショナリー、エプロン、傘など~

北欧のパターンデザインを数多く取り揃えたブランド『Scandinavian Pattern Collection』の新商品が、この春、さまざまなカテゴリーにおいて発売される予定です。
『Scandinavian Pattern Collection』は、北欧で活躍中の現役デザイナーたち(現在の参加者34名)によるパターンコレクションで、株式会社アンドフィーカ(所在地:東京都品川区、代表:今泉 幸子)と、ストックホルムのデザインジャーナリスト、山本 由香氏との共同事業として2013年にスタートしました。以来、多くの企業とのコラボレーションを通して市場を拡大してきました。北欧各国において春は暗く厳しい冬からの解放でもあり、『Scandinavian Pattern Collection』では、このたびの春商品を通して北欧の皆が感じる春の高揚感をお伝えしたいと考えています。

【『Scandinavian Pattern Collection』2018年春商品について】
快適で良質な眠りの追求をポリシーとして掲げている東京西川は、『Scandinavian Pattern Collection』が掲げる“Every day, with Designs – デザインは幸せのかたち”を眠りのシーンとの関わりにおいて解釈し、自然と寄り添いながら生まれるパターンを、寝装品に落とし込みました。北欧では、ベッドリネンはインテリアの重要な要素であり、季節やその日の気分に合わせて楽しまれています。東京西川では、北欧のライフスタイルにならって、一人ひとりのお客様がデザインを楽しく選ぶことができるよう、16柄の北欧パターンデザインを使ってバリエーションあふれるラインナップを取り揃え、2月中旬に発売します。

暮らしに寄り添う高品質な商品を誇る紙製品メーカー、マルアイは、40柄の北欧パターンデザインを使った多用途で使えるポチ袋を2018年春と秋の2シーズンに分けて発売し、その第一弾の20柄が2月7日~9日に東京ビッグサイトで開催される「東京インターナショナル・ギフト・ショー春2018」で発表される予定です。お金や手紙はもちろん、お菓子や小さなギフトを入れて、日常のシーンのなかで気軽に北欧デザインを楽しむために最適な商品です。

このほか、百貨店を中心に展開する老舗エプロンメーカー、荻原は、12柄を各色に落とし込み、用途に合わせて選べる24型のエプロンを発売、ステーショナリー大手のパイロットコーポレーションは、大人気のデザイナー2名を起用し、6柄のペンケースを展開します。

また、2015年発売以来大ヒットとなった「korko×Scandinavian Pattern Collection」の北欧デザイン傘は、今年もデザイン数を増やし、合計48柄の展開が予定されています。北欧デザインの魅力は「シンプルさと機能性」とよく言われますが、このシリーズにおいても、北欧柄の魅力だけではなく機能性にもこだわり、今年も雨傘は軽量生地と軽量カーボン骨を採用し、さらなる軽量化を実現しました。

『Scandinavian Pattern Collection』では、さまざまな北欧デザインを通して多くの人に心地よい暮らしをお届けできるよう、かわいい、かっこいい、だけではなく、使いやすい、気が利いてる、と言っていただける商品づくりを目指してまいります。発表後5年目となる2018年は、さまざまな商品の目白押しとなり、今後のさらなるブランド確立に向けて重要な年となりそうです。

『Scandinavian Pattern Collection』http://www.scandinavianpatterncollectionstore.jp

おすすめ