美しさ(美容)と健康をテーマに貴方に合った化粧品、あなたのための衣料品・ファッションをどのように選べばいいのか?コスメティックやコスチュームについてわからないこと、知りたい事や商品紹介など

今年も、自動車好きには見過ごせない夏が来る。 8月3日からの「オートモビル カウンシル2018」に ドライビングサングラスブランド「DEEC」が出展! 歪のない、ドライバーのための最高品質な偏光ガラスレンズサングラスを発信

眼鏡製造・販売を行う株式会社シューユウ(所在地:福井県鯖江市、代表取締役:酒井 勇一)は、運営するドライビングサングラスのブランド「DEEC(ディーク)」を、2018年8月3日(金)~5日(日)に幕張メッセで開催される展示会「オートモビル カウンシル2018」へ出展をいたします。

D-DRIVE 運転する、E-ENRICH 価値を高める、E-ENJOY 楽しむ、C-COMFORT 心地よくするこれら4つをコンセプトに、すべて自社で生産されるガラスレンズ、フレームすべてにこだわって作られる「ディーク」の製品。その品質と機能性、デザイン性の良さを、日本でPRする機会となります。

■天然の原料を使用した偏光ガラスレンズを活かした製品を出展
世界的なメガネ生産地として知られる鯖江で誕生した「DEEC」は、ガラス製レンズにこだわるドライビングサングラスブランドです。フレームとレンズの両方を自社生産する1972年創業の株式会社シューユウにより手掛けられています。サングラスのレンズ素材はスポーツ系のブランドではほとんどがポリカーボネートという樹脂素材。しかし「DEEC」は高い透明度と平滑性により目の疲れを軽減する革新的なガラスレンズを備えています。紫外線を99.9%カットし、さらにフロントウィンドーへの映り込みや反射を減らし、晴天時だけではなくすべての天候においてクリアな視界を得ることができます。特殊な5層構造を持つレンズ全体の厚みはわずか1.85mmで、耐久性がありながら薄さと軽さを実現。2018年5月からは度付き対応も可能(※単焦点のみ)となっています。
また、軽量で強度が高く、かつ柔軟性を持ち合わせるチタンを使用したフレームは、適度なしなりを持ち頭部にフィット。フロントの輪郭は日本人の顔立ちに馴染むように形作られており、テンプルは軽量で耐久性に優れ、長く愛着を持って使用できます。レンズからフレーム、ノーズパッドまで一貫して鯖江で生産され、組み立てられたサングラスは最上の掛け心地と質の高いドライブを実現します。「DEEC」はその事業が認められ経済産業省より地域産業資源活用支援事業の認定をいただいています。

「オートモビル カウンシル」では、それらの厳しい品質基準を持つJapan QualityのモノづくりもPR。さらに車に精通している自動車評論家、吉田 匠様、DEECプロダクトデザイナー2つの観点からDEECの魅力を伝えるムービーを上映、日本ではまだ認知されていないドライビングサングラスを分かりやすく伝えます。

URL: http://deec.jp/feature/

DEEC: http://www.deec.jp

オートモビル カウンシル: http://automobile-council.com/

おすすめ
記事がありません